住まいの困ったを解決

[受付]8:00~17:00 メールは24時間受付!
土日も営業中! [定休]祝日・年末年始・夏季

Q&A

よくある質問

  • 満足いくリフォームをするポイントはありますか?

    現在の住まいへの不満を書いてチェックシートをつくられることをおすすめします。
    漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。
    また、リフォーム雑誌や本・インターネットなどで情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切りとったり、プリントアウトするなどして打ち合わせに活用してください。
    住宅設備機器などの取り替えの場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しないためのポイントです。

  • 相談したり見積もりを取った後、しつこく営業してきませんか?

    弊社ではしつこい営業は一切いたしません。
    リフォームの場合は、個々の住まいの状況を実際に見て確認しないと正確な金額が出ないケースが多いですし、いい提案やプランもできません。
    お見積もり後に断っていただいても構いませんので、積極的にご相談なさってください。

  • 住みながらでも工事できますか?

    一戸建てでも集合住宅でも住みながらで大丈夫です。
    大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1、2階に分けて工事したりできます。
    ただし、水まわり等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えなかったりという不便な面は出てきますので、仮設工事をするなど考慮しておく必要はあります。

  • リフォームの工事は何日くらいかかるの?

    工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって違ってくるため、一概には言えません。
    目安をあげるとすると、内装工事では一週間、ユニットバスの交換は3~4日、システムキッチンの交換は4~5日、内装工事と水まわりの設備の交換などの全面改装で約1ヵ月、間取り変更も含む全面改装なら約2ヶ月位です。
    骨組だけを残しての全面改修は新築よりもやや短い位の工期がかかります。工程が複雑で関わる業者が増えるほど、工期は長くなります。
    また、解体してみて問題が見つかることもあり、補修などのために予定よりも工期がかかることもあります。

  • 築後何年くらいでリフォームや機器の取り替えは必要ですか?

    内装、外部、住宅設備機器等また、使用材料によっても異なりますが、大まかな目安をお答えします。
    キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの住宅設備機は、15年~20年ごとが目安です。
    給排水管、ガス管などもチェックしてあわせて取り替えられるといいでしょう。

  • 今までのキッチンの場所を移動してリフォームできますか?

    キッチンの移動では、排気や排水の検討が必要です。
    吸い込みが悪くなったり、排水の勾配がとりにくく排水管がつまりやすくなったりする場合がありますので、注意が必要です。

  • お手入れが簡単できれいなキッチンにしたいのですが?

    天板は機能性を重視するなら、ステンレスが一番です。汚れ落としも簡単で、いつも磨いてさえいれば大丈夫です。
    壁面の主流はキッチンパネルが人気です。見た目が美しい上に目地が無く、毎日のお手入れも簡単です。
    また、ホーローのキッチンもおすすめです。
    汚いもので困るのは、ゴミの収集場所。すっきりしたキッチンについ出っ張るのがゴミ箱です。
    シンクの下や収納カウンターの下をオープンにして、キャスター付ダストボックスをセットするのもいい方法です。

  • 在来工法とシステムバス。リフォームにはどちらがいいですか?

    お風呂はオリジナリティあふれたものにしたい、という人におすすめなのが在来工法バスです。
    好きな型の浴槽が選べ、天井を高くしたり、窓やライトも自由自在です。床や壁も好みで作ることができます。既存の広さもそのまま使えます。
    ただし、防水工事が必要で、プロの手作りなので工期が長くかかります。

    システムバスは、完全自由度には欠けますが、機能性、設備面ではかなりグレードアップされます。
    組み立て自体は1日で済むのでリフォームにはおすすめです。

  • 和式トイレを洋式トイレにしたいのですが?

    現状の床や便器を全て撤去してつくり直します。洋式便器を取り付けるにあたっては排水管の位置なども考慮する必要があります。
    最近では、狭い和式トイレの洋式へのリフォームに適応する便器・タンクのセットや、ある程度の排水位置に対応できるリフォーム便器があります。
    また、あわせて洗浄暖房便座を取り付けされたい時は電源(コンセント)が必要になります。

  • トイレの便器を取り替えしたい。選ぶポイントは?

    最近では、すぐれた節水タイプが多く、20年以上前の便器だと1/3、15年以上前の便器でも約1/2の水量で済みます。
    そして清掃性を考慮した汚れがつきにくく落ちやすい素材のものが人気です。
    取り替えする際におすすめなのが洗浄暖房便座です。他にも節電・脱臭・部屋暖房機能などバリエーションが豊富です。
    便器と一体になったデザインのものや、タンクがなくすっきりしたデザインのタンクレス便器も人気です。
    サイズも種類もメーカーにより様々です。機能、デザイン、予算に応じてご検討ください。